ウォールナット無垢材のオーダー収納

 

  オーダーメイドの収納製作の事例をご紹介させて頂きます。

 と言っても、写真が下手過ぎて魅力の10分の一も表現できなそうで

申し訳ございません。

 今回洋服箪笥と本棚なのですが、お客様の書いてきたメモをもとに

内寸などを調整しながら製作しました。

 「自然塗料で黒くしたい」「無垢材で作りたい」というご要望をベースに

材料はより黒く、かっこよくなるウォールナットになりました。

 写真だと分かりにくいのですが、実物はウォールナットの

高級感のある黒(濃いこげ茶)です。

 

 実物を見せたいです、、、

 

 デスクは別の部屋なのでオーク材で製作


オーダー収納

 お店の中ではあまり表現されていないので、あまり知られていないのですが、

オーダーメイドで収納を作っています。ほとんど既存のお客様からのご発注という

知る人ぞ知る(笑)仕事です。自社の工場は以前は併設していたのですが、

現在は宮前区にあります。

 収納のオーダーと言っても、

・合板で作るのもの

・突板合板(表面の1mm以下位が無垢材)と無垢材とで作るもの

・無垢材のみで作るもの

  ができます。それぞれにメリットがあります。

 ほとんどの家具屋さんで作られているものは

上の二つです。軽くて、反りとかもなく、自由に作れるからです。

同じ木目が並ぶので、スッキリした家具になる一方、

合板感がでてしまうデメリットもあります。

 あまりないのは無垢材のみのオーダーメイドです。

無垢材のオーダーメイドは重かったり、反りや動きが出ることもありますが、

深みがあり、傷がついてもやすりなどで治せます。

  小さい家具のオーダーメイドもしておりますので、

ご興味の方はぜひご相談下さい。

 


ペーパーナイフソファ

 ペーパーナイフソファの納品事例を1つご紹介させて頂きます。

最近、納品や発注が多く人気のソファです。

こちらも宮崎椅子製作所のソファです。

 カイクリスチャンセンさんのデザインで昔からある名作なのですが、

そういった情報がなくても本当にかっこいいと思えるソファの一つです。

 

オットマン

今回私は始めてだったのですが、お客様のご要望で

夏と冬を色調を変えられるように表裏を別の生地

で製作しました。かっこいい!


宮崎椅子製作所の椅子

 工場と一体だったお店の時は「材木屋」と言われていたのですが、

今は「椅子屋」と呼ばれるようになってきました。あまり家具屋と言われたことが無く、

最初の移転の際のお店では、コーヒーを頼まれたこともあります(笑)

 

 弊社では椅子は「身に着ける」ものとしてインテリアでありながら

人に合ったものを選んで頂けるようにたくさんの椅子を座り比べられるように

しております。お店の中は椅子が60脚くらいあり、椅子だらけです。

 

今回 NO.42チェア  UUチェア  KUKU無垢チェアのお届け事例を

ご紹介させて頂きます。

 宮崎椅子製作所というメーカーの椅子です。

UUチェアとKUKU無垢チェアはグッドデザイン賞も取っていて、

NO42は昔から欧州で流通しているカイクリスチャンセンさんの名作で

現在は技術力の高さから宮崎椅子製作所が作って世界に輸出しています。

P1830505.JPG

樹種と生地を統一すると3種類の椅子があるように

見えないほどの統一感に

P1830511.JPG

奥様はKUKU無垢チェアがお気に入りで1脚だけKUKU無垢です。


隠れ家の家具

  更新を怠り申し訳ございません。

なぜでしょうか、ここ最近、設置などで現場に入ることが多いのですが、

時間と気持ちの余裕がなく、製作したのに撮影しなかったり

画像はあるのですが、他の業者さんやお客様にご迷惑かけないように

瞬時に撮影したため、いろいろと写り込んでしまうような状況下での撮影

だったり。。。でも考えると昔からそうでしたね(笑)

 隠れ家的なお部屋のキッチン

毛布などをしまう収納

全てJパネルで製作しました。

マットレス収納

吊り収納 下にはオーク材のスツール4脚

お届け前のテーブル


隙間収納

 意外とご相談が多い家具が「隙間の収納」

既製品では合わず、なかなか解決できないということで

ご相談があります。

 今回ご紹介するのは冷蔵庫上の収納

 扉は冷蔵庫より少し上位ですが、箱の方は熱も気になるので

扉より小さく作っています。

 実は画像は少ないのですが、そういった仕事も多いです。

関連する箇所、コンセント位置などの寸法取りに一所懸命で

絡みのありそうな箇所だけアップで撮影してしまうので、

紹介できるようなビフォーの画像がありません😢

完全にアフターを紹介しようという意識が薄いですね😢


 オフィス収納

 ブラックチェリー材で製作した スタンド用の台と飾り台

 

 隙間スペースを利用したブラックチェリー材のPC台

オーク材のコーナー數納

 オーク材のコート収納

 上開きで開きます

 

 

 

 


ブラックチェリー材のTV台

 宮前区のお客様に ブラックチェリー無垢材で製作したTV台

を納品させて頂きました。無垢材といっても表面だけではなく、

全て本物です。無垢材でのオーダーはあまりやっている家具屋さんは少ないのですが、

味わい深く、傷にも対処できるので弊社ではお勧めしております。

 

中央はキャスターで動く自由な引出です。

上部はTVとかぶらないように台形の棚です。

 

 

台形の棚は窓枠に合わせ、カーテンもスッキリ

TVの後ろにウーハーが置けるように、

見えにくいのですが、台を製作し、コードなどもその台の

下を通るようになっています。

 

 別室のオークの書棚です。

壁と壁の間ぴったり目に製作しました。

 作り付けの仕事の時は、天板を大きくし、壁との間に

隙間埋めなどを入れる方法で製作します。

ただその隙間を埋める加工によって現場での加工を含め

コストが上がってしまうのでお見積りの際にいつも迷います。

 置く家具として隙間を大きめにして製作

(又は少し小さくしてぴったり目に製作)するか

造りつけのように隙間なく作るかはお見積りをする際に

コストが変わってくるので、弊社では分けてご提案させて

頂いております。

 

 


ブラックチェリーのテーブル

 青葉区のお客様にブラックチェリーのテーブルを

納品させて頂きました。

 オーダーが自由なテーブル規格で製作しました。

通常のテーブルとの違いは

厚みが40mmもあり、

ハギ合わせの板も広い板(150〜200mm)程度

ではぎ合わせている部分です。

重厚で素材感の伝わるテーブルです。


特注製作品

  2月に入って現場の連続が一区切りしました〜

落ち着いたのでブログをアップしようと思ったのですが、

画像があまりなかったです(笑)

現場ではお客様や他の職人さんのご迷惑かけないように

ササッと撮ったので掃除機や養生が写ったままなど

あまりよく撮れてなくて出すべきか迷いますね〜

 

 その中でうまく撮れたオブジェ台です。

丸太は動かせるように、天板は壁に固定して作っています。

 ラワン丸太の元の状態です。弊社の在庫にあったものを

採用してもらいました。

 天板はこの分厚いウォールナットから製作しました。

約150mmの厚みです。

これもたまたま在庫にあった材です。

両方珍しい在庫だったので、

持っていなければ作れなかった1品だったかもしれません。

 

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM